eyecatch

ニックネーム募集中!

 

 さとう院長 の個人ブログページです。

 日頃から感じていることや医療に対する考えなどを、ゆったり綴って参ります。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 さとう小児科 院長  佐藤 潤一郎

Recent Posts

絵本のよみきかせ
~0歳からの絵本との出会いを~

2020年08月01日

赤ちゃんのからだの成長にミルクが必要なように、ことばとこころを育むためには、あたたかいぬくもりの中で優しく語り合う時間が大切です。

その時間に絵本を利用してみませんか・・・

 

【 赤ちゃんに絵本?】

赤ちゃんへ絵本の読み聞かせは、お母さんお父さんと赤ちゃんが向かい合って目と目をあわせて、言葉がけをするこころのふれあいが目的です。

 

◎ 読み方のポイント

・お子さんのきげんの良い時に行いましょう

・スキンシップが大切です

・お母さんの顔ばかり見ていても大丈夫

 (絵本を読むのが1割、表情を読むのが9割)

・赤ちゃんの表情が見える位置に座りましょう

 

 ◎ 絵本を選ぶポイント

・色がきれいで絵が大きく はっきり描かれている

・リズムがある言葉が出てくる

・身近なものが出てくる

 

 

【 赤ちゃんにとって絵本はおもちゃ 】

赤ちゃんの読書は、お口に持っていって噛む事から始まります。

聞いて眺めている段階から、絵本を手に持って噛んだりめくったり、落としたり、拾い上げたり・・・

と触覚からの楽しみも加わってきます。

絵本のつくりも、指先の発達が十分ではない子どもにも扱いやすいよう、厚くて丈夫な紙が使われ、角は丸くカットされています。

めくることが楽しい、パタパタするのがおもしろい。

同じページばかりを見たがるのも珍しいことではありません。

この「楽しい気持ち」が絵本への入り口です。

「めくる」「さわる」をたっぷりと!それが、絵本を好きになる1歩です。

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 読み聞かせ

夏のお肌事情

2020年07月01日

いよいよ今日から7月です。夏本番突入!!

新型コロナ感染の影響はありますが、子ども達には、今年の流行語大賞になりそうな「3密」に気をつけて、楽しく過ごしてもらいたいと思います。

 

さて、この時期になると日々の診療で多く遭遇するのが「汗疹(あせも)」と「虫さされ」の悩みです。

新生児から大人まで汗を分泌する汗腺の数は変わらないので、小さい子ほど汗疹はできます。

汗疹の予防は、汗の拭い方に尽きます。

発汗後、可能ならば早めにシャワーを浴びましょう、難しい場合は濡らしたタオルで擦らないように拭いましょう。

汗をかいたらこまめに着替えましょう。

 

虫さされは、刺した虫の種類で症状が異なります。

虫が多い場所に行く時は、なるべく肌の露出を避け、虫除け剤を使用しましょう。

刺傷部位は、二次感染のおそれがあるため、できるだけ掻かないようにしましょう。

局所の腫れや痒みが強い場合は抗ヒスタミン薬やステロイド薬の外用を行いますので、病院を受診して下さい。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 汗疹虫さされ

暑い季節に欠かせない食中毒対策!

食中毒の主な原因である細菌は、気候が暖かく湿気が多くなる梅雨から夏にかけて増殖が活発になります。

食中毒症状は主に腹痛や下痢・嘔吐・吐き気・血便などですが、食中毒と気づかれず重症になったり死亡したりする例もあります。

 

 

【食中毒予防の3原則】

1.菌をつけない : 洗う、分ける

2.菌を増やさない  : 低温で保存

3.菌をやっつける : 加熱、殺菌処理

 

 

 【食品別の予防のポイント】

食品

主な原因菌

予防のポイント

たまご

サルモネラ

・生食は賞味期限内に限る ・卵を割ったら直ちに調理する

・割れた卵やひびの入った卵は食べない

肉類

病原性大腸菌

(O157・O111)

カンピロバクター

・中心部まで十分加熱する(85度で1分間以上) ・10度以下で保存する

・調理器具は使用するごとに洗う ・調理の前中後のこまめな手洗いをする

・抵抗力の弱い子どもには、生肉の料理は避ける

魚介類

腸炎ビブリオ

ノロウイルス

・水道水で十分に洗う ・中心部まで十分に加熱する ・10度以下で保存する

・生食に注意(カキなどに出るノロウイルスは冬期に多い)

カレー・シチュー・スープ類

ウェルシュ菌

・高温でも死滅せず室温で放置することで増殖するため、調理した食品は早めに食べるようにし、室温に2時間以上放置しない(冷蔵庫や冷凍庫で保存する)

弁当や洋和菓子等調理済み食品

黄色ブドウ球菌

・手指の洗浄、消毒をする

・手指に傷のある人は、素手で調理しない(ゴム手袋など着用)

 

 

食中毒の主な症状は、嘔吐、下痢、腹痛、血便、発熱などです。

乳幼児は免疫力や体力が弱く、重症化することもありますので、嘔吐、下痢などの症状があるときは早めに受診しましょう。

血便や粘液性の便が出たときは、受診時に、おむつや便(容器 に入れて)を持ってきてください。

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 食中毒

緊急事態宣言は解除されましたが…

2020年06月01日

5月25日に全国における緊急事態宣言が解除されました。

以前の日常が徐々に戻りつつあるのを肌で感じます。

しかし、現時点で以前と全く同じ生活は難しいと考えます。

現に、日本だけでなく世界各国でも制限を緩めたら、感染者の数は増えています。

新型コロナウイルス感染症は、未だに不明な部分が多い感染症です。

昨年末に武漢で発生し、瞬く間に世界中に拡がりました。

 

新型ウイルスへのワクチンと特効薬がない今、感染拡大防止には人の移動と接触を制限することでしか感染は防げません。

有効なワクチンと特効薬の開発なくして以前のような日常を取り戻すことは難しいと考えます。

 

6月に入り、ほとんどの全国の小中高の学校が再開されます。

いろいろ批判はありますが、政府が出した「新しい生活様式」を参考に学校生活を送って下さい。

友達と遊ぶ時は屋内ではなく屋外で遊びましょう。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 新型コロナウイルス院長の言葉

子どもの肥満に注意!

新型コロナ感染予防の為、自宅で過ごすことが多くなり、生活リズムがくずれてきているお子さんが増えています。

食生活の乱れや運動不足は肥満につながる恐れがあります。

肥満の状態が長く続くと、他の合併症を引き起こしたり、大人になってから成人病を起こしやすくなります。

そうならない為にも家庭の生活習慣をもう一度見直してみましょう。

 

 

 ◎ 肥満のまま 大人になると…

 生活習慣病になりやすくなります。

・糖尿病

・高血圧

・心筋梗塞

・脳梗塞

 

【食事内容】

 □ 和食より洋食・中華料理が好き

 □ 濃い味付けが好き

 □ 糖分を含む清涼飲料水をよく飲む

 

 

【食事のとり方】

 □ 朝ごはんを食べないことがある

 □ 食べるのが早い

 □ テレビを観ながら食べることが多い

 

【運 動】

 □ 体を動かすことが嫌い

 □ 外よりも家の中で遊ぶことの方が多い

 

【生 活】

 □ 夜更かしをすることが多い

 □ テレビを長時間見る、ゲームを長時間する

 

※1つでもチェックのある方は生活を見直しましょう!!

・子どもの肥満は家族の協力が必要です。
 バランスの良い食生活や規則正しい生活を 家族みんなで実践しましょう。

・体重を週に1回、同じ条件で測りましょう。
 (体重が増えていないかチェックしてみて下さい)

・運動をしましょう。
 日常生活の中でお手伝いをさせたり、外で(30分以上は汗をかく 程度の)外遊びをするのも良いです。

 

 

子どもの肥満の場合は、無理に体重を減らす必要はありません。

今の体重を維持すると、背が伸びて肥満は解消していくからです。

気になることがありましたら、ご相談ください。

 

※「日本外来小児科学会リーフレット」参照

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 子どもの健康肥満

好奇心を豊かにするためには

2020年05月02日

好奇心を豊かにするためには

 

コロナ感染拡大抑制のため、諸会議・学会が中止となり自宅で過ごすことが多くなっています。おのずと息子と接する機会が多くなりますが、この小さい“怪獣”をいかに攻略するか、毎日が格闘の日々です。

 

 今回は、「好奇心を豊かにするためには?」という内容で書いていこうと思います。

 

 1歳児は、いろんなものに興味を示す時期です。初めて見るものはことごとく手に取り、周りの人に見せようとします。

 

うちの1歳の息子も例外に漏れず、石や木の枝、蛇の抜け殻・・・「こんなものに興味があるの?」と思いたくなるくらいいろんなものを拾いますが、本人は構わず「いいものみーつけた」と言わんばかりに満面の笑みを向けて見せようとします。

 

ここで、私たちが心掛けているのは、むげに嫌がらない寛容な心を持つことです。

 

 1歳児は、自分の足で歩き、モノを自分の手でつかみ、五感で認識します。新しい発見は、本人にとって感動の連続で、それを誰かに「見てみて!」「ほら!」と示し、共感を求めてきます。この“共感”してあげること、がとても重要なのです。

 

 共感してあげると子どもは喜び、嬉しく感じます。嬉しさは次の探索行動への意欲につながっていき、やがて好奇心が広がっていきます。また、共感の嬉しさの繰り返しはやがて将来的な自己肯定感の芽生えにもつながっていきます。

 

 もし、「見てみて!」「ほら!」に周りの人が反応しないと・・・好奇心を持たないsilent baby・silent childになり兼ねません。

 

 好奇心を豊かにするためには、「見てみて!」「ほら!」に共感の態度を示してあげること。

簡単に言えば、子どもの行動に周囲の人がしっかり反応してあげることが大切です。

 

 とは言っても、その時その時で気分が変わる息子についていくのに私達も必死なんですが・・・。

子どもの成長を楽しみながら私達も頑張っていきたいです。

 

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 好奇心, 子どもの成長, 院長の言葉

コメント:0