eyecatch

ニックネーム募集中!

 

 さとう院長 の個人ブログページです。

 日頃から感じていることや医療に対する考えなどを、ゆったり綴って参ります。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 さとう小児科 院長  佐藤 潤一郎

Recent Posts

好奇心を豊かにするためには

2020年05月02日

好奇心を豊かにするためには

 

コロナ感染拡大抑制のため、諸会議・学会が中止となり自宅で過ごすことが多くなっています。おのずと息子と接する機会が多くなりますが、この小さい“怪獣”をいかに攻略するか、毎日が格闘の日々です。

 

 今回は、「好奇心を豊かにするためには?」という内容で書いていこうと思います。

 

 1歳児は、いろんなものに興味を示す時期です。初めて見るものはことごとく手に取り、周りの人に見せようとします。

 

うちの1歳の息子も例外に漏れず、石や木の枝、蛇の抜け殻・・・「こんなものに興味があるの?」と思いたくなるくらいいろんなものを拾いますが、本人は構わず「いいものみーつけた」と言わんばかりに満面の笑みを向けて見せようとします。

 

ここで、私たちが心掛けているのは、むげに嫌がらない寛容な心を持つことです。

 

 1歳児は、自分の足で歩き、モノを自分の手でつかみ、五感で認識します。新しい発見は、本人にとって感動の連続で、それを誰かに「見てみて!」「ほら!」と示し、共感を求めてきます。この“共感”してあげること、がとても重要なのです。

 

 共感してあげると子どもは喜び、嬉しく感じます。嬉しさは次の探索行動への意欲につながっていき、やがて好奇心が広がっていきます。また、共感の嬉しさの繰り返しはやがて将来的な自己肯定感の芽生えにもつながっていきます。

 

 もし、「見てみて!」「ほら!」に周りの人が反応しないと・・・好奇心を持たないsilent baby・silent childになり兼ねません。

 

 好奇心を豊かにするためには、「見てみて!」「ほら!」に共感の態度を示してあげること。

簡単に言えば、子どもの行動に周囲の人がしっかり反応してあげることが大切です。

 

 とは言っても、その時その時で気分が変わる息子についていくのに私達も必死なんですが・・・。

子どもの成長を楽しみながら私達も頑張っていきたいです。

 

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 好奇心, 子どもの成長, 院長の言葉

コメント:0

宮崎市の小・中学生の医療助成について

2020年05月01日

R2.4月から宮崎市の小・中学生の医療助成がスタートします

【新たに対象となる人】

令和2年4月時点において宮崎市に住民票がある、新小学1年生~新中学3年生

※保険診療内の医療費が対象です。

県内の医療機関では、窓口負担が軽減されます。

県外受診の 場合、保険診療自己負担額(3割相当)を支払った後、市に申請することにより返金されます。

 

 

【助成内容について】

◎ 子ども医療 (乳幼児) / 子ども医療(小中学生)

区分

未就学児

小中学生

入院

無料

無料

通院

1医療機関あたり

月額200

薬局

無料

 

 

 

 

◎ ひとり親医療

区分

未就学児

小中学生

入院

子ども医療優先

(無料)

無料

(窓口負担なし)

通院

薬局

 

 

  

※小・中学生は、ひとり親・重心医療が 優先されます。
(子ども医療は使えません)

 

◎ 重心医療

区分

未就学児

小中学生

入院

子ども医療優先

(無料)

無料

(窓口負担なし)

通院

薬局

 

 

 

 ※当院では、毎回窓口で確認させていただきます。

必ずご提出ください。
申請をされていない方は、宮崎市のおやこ保健課で早めの申請をお願いします。
(TEL:73-8180/子ども医療専用電話)

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 医療助成

HPVワクチン(子宮頸がん)は定期接種です

 昨年度から、小学校6年生以上の女子の御家族にはHPVワクチンの説明をさせていただいております。

前年度まではほぼゼロだった接種者ですが、最近は医療従事者のお子さんを中心に接種を希望する方が増えてきています。

 

 HPVワクチンの説明をして感じるのは、HPVワクチン接種の積極勧奨を行っていないだけで、今現在も定期接種であることを御存じない方が多いということです。

 

 2013年6月に国はHPVワクチンの“一時”積極勧奨中止を発表し7年の月日が経ようとしています。

その間、HPVワクチンを接種できていない世代が増えています。

世界的にはHPVワクチンで子宮頸がんは減少する中、日本だけが右肩上がりに子宮頸がんが増えているのです。

 

 HPVワクチンは、定期接種です。

対象者は、小学校6年生〜高校1年生で、この間は無料で接種できます。

 接種を御希望される方は、当院まで御連絡・御相談下さい。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: ワクチン子宮頸がん

新型コロナウイルス感染対策とお願い

2020年04月20日

さとう小児科における新型コロナウイルス感染対策と皆様への御願い

 

予約に関して

 

① 診察は、予約制です。

予約なしで直接来院された場合は、ネットで予約して頂き予約時間がくるまで院外(車内など)で待機していただきます。

 

 

② 問診は予約時にネットにしっかり入力して下さい。

来院時に問診が未入力・不十分だった場合は、いったん院外に出て頂き(車で来院されている方は車内に戻っていただき)再度ネット予約にアクセスしていただき、しっかり入力していただいてからの受付・受診になります。

 

③“新型コロナウイルス濃厚接触者”は、「帰国者・接触者センター」に問い合わせてもらってからの受診になります。

 

④“家族や本人が2週間以内に海外・県外へ行っている場合”は、第2受付での受付をお願いします。

尚、予約の際に「どなたが、何処に、どの期間、行った」をその他の欄に入力していただくことをお願いします。

 

⑤“家族の中で最近2週間以内に発熱した方がいる”場合は、「どなたがいつから発熱があったか」を入力していただくことをお願いします。

 

院内での感染対策

 

①当院へ入られる方は、全員マスクの着用をお願いします。

乳幼児でマスクを嫌がる場合でも、極力マスク着用に御協力下さい。

どうしてもできない場合は、ハンカチやタオルで口を覆って下さると助かります。

 

②当院へ入られたら、全員手指のアルコール消毒をお願いします。

 

③ 飛沫感染防止のため、吸入・吸引、迅速検査(インフルエンザなど)は極力行いません。

 

 

現段階(令和2年4月16日現在)において、宮崎県での新型コロナ感染症罹患者は全例感染経路が判明しているので、上記のような対応をさせていただきます。

ただし、今後の流行の具合によっては対策の仕方が変わっていく可能性がありますのでその際は御了承下さい。

 

佐藤小児科 院長 佐藤潤一郎

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: お願い新型コロナウイルス

コメント:0

何が好きかな?

2020年04月02日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外来を受診する患者さんも自粛ムードが高いせいか、非常に寂しいです。

県外で行われる学会や講習会、その他の会議も中止や延期になることが多く、最近の週末はというと、妻と息子と3人で過ごすことが多いです。めったにないことですが、ある意味、とても充実しています。

 

 いつもよりも暇を持て余していますが、こういう時こそ今までできなかったことに挑戦したいと思い、思いついたのが「文章を書く」ことです。

 

 これから「徒然なるままに」書いていきます。

 

 さて、少し近況報告からです。我が家の息子は本日(4月1日)で1歳9ヶ月を迎えました。皆さんに可愛がっていただき、とても愛想のよい男の子に育っています。

 

 我が家の息子ですが、今、「何が好きかな?」というと、「ゾウ」がとても大好きです。 朝、起きたらゾウの本を読み、朝ごはんを食べながらゾウさんの歌を聴き、おばあちゃんの家でゾウの動物ビスケットを食べながら録画したゾウの映像を見て、歩きながらゾウの絵を見つけます。週末は自然動物園のみどり(メスのアジアゾウ)に会えることをとても楽しみにしています。

 

 我が家の息子がどうしてゾウに心惹かれたかはよくわかりませんが、子どもの1歳は色んな事に興味を持ちます。私は、1歳の誕生日の日に「動物」と「乗り物」の小さい図鑑を購入し、大好きな絵本の周りにいつも置いておきました。残念ながら、今でも「乗り物」の図鑑にはあまり興味がない様です。「動物」の図鑑も、最初の頃は興味を示しませんでした。しかし、絵本の中で犬が出てくると、指を犬の絵にさして「わんわん」という様になり、いつからか図鑑に犬が載っていることを覚え、本物の犬を見て大興奮し、犬を見るたびに図鑑を手にとり犬が載っているページをめくり、いつしかゾウに興味を示す様になりました。

 

 動物園に行く時、我が家の息子はその小さい図鑑を片手に持っています。最初の頃は、みどり以外にあまり興味を示しませんでしたが、最近は、みどり以外の動物にも少しづつ興味を持っている様です。目の前の動物が図鑑に載っていると、息子はそのページをめくって指でさし、動物のパフォーマンスをしてくれます。片手に持った小さな図鑑はおそらく息子のガイドブックなのでしょう。

 

 

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 我が家の息子院長の言葉

コメント:0

改正児童虐待防止法の施行について

2020年04月01日

親の子供への体罰を禁止する「改正児童虐待防止法」が施行されます。

 

2020年4月より保護者による子どもへの体罰が法律で禁止され、日本は世界で59番目の体罰全面禁止国になります。

世界で初めて子どもへの体罰禁止を法制化したスウェーデンでは、法制化前の1960年代、体罰を用いる人が90%以上いましたが、現在は10%以下に減っています。

親の身体的虐待で亡くなった子どもの数も年間15人(1970年)から年間4人(2010年)に減っており、日本も同程度の結果が期待されます。

(参考:日本での子どもの虐待死は年間約50名です。)

 

日本では、子どもへの体罰を「しつけ」の一環として容認する風潮が根強くあります。

しかし、社会が体罰を容認する風潮が「虐待死」「体罰死」に繋がっていると考えたことはないですか?

体罰を冷静に行うことなどできません。

体罰は常に感情的であり時にエスカレートし、死を招くものなのです。大人の感情の捌け口としての体罰は断固として許してはいけません。

「体罰は愛の鞭」こういった詭弁が日本からなくなることを心より願います。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: しつけ体罰

コメント:0