eyecatch

ニックネーム募集中!

 

 さとう院長 の個人ブログページです。

 日頃から感じていることや医療に対する考えなどを、ゆったり綴って参ります。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 さとう小児科 院長  佐藤 潤一郎

Recent Posts

年長さんの保護者の方へ

2021年04月01日

入学前のワクチン接種は大切なお子様のため!みんなのため!

対象年齢は 平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ
(小学校就学前の1年間 令和4年3月31日まで)

 

予防接種ワクチン

接種金額

備考

MR(麻疹・風疹)

定期接種のため 無料

年長児以外は自費

おたふくかぜ

宮崎市郡から 一部助成あり

年長児以外は全額自費

三種混合(百日咳・破傷風・ジフテリア)

宮崎市郡から 一部助成あり

年長児以外は全額自費

不活化ポリオ

助成なし

 

※金額はお問い合わせください

 

【 麻疹 】

 感染力が強く肺炎・中耳炎の合併、 脳炎の発症リスクが高く非常に怖い病気。  

【 風疹 】

 妊娠初期の妊婦が感染すると出生児に心疾患・難聴・白内障・運動精神発達遅滞などが発症する可能性があるので、流行させないことが大切。 

【 MR(麻疹風疹混合)ワクチン 】

 1期(1歳時の接種)でついた免疫力が低下してしまう就学前のこの時期に、 2回目の接種が必要!

【 おたふくかぜ  】

 発熱とともに耳の下からあごにかけて腫れる病気。

 髄膜炎や治療法のない難聴を合併することもある。

 集団生活で感染する機会が増えてくる5~6歳に2回目の接種を行うことが大切!

【 百日咳   】

 連続した咳が長く続き、呼吸困難やけいれん等が起こる病気。

 肺炎・脳症を併発することもある。

 宮崎県は全国でも百日咳罹患患者数が多い県。

 4種混合4回接種終了(1歳半頃)後、百日咳の免疫力は徐々に低下し、5~6歳では30%以下になってしまうためこの時期の接種が大切!

【 百日咳   】

 連続した咳が長く続き、呼吸困難やけいれん等が起こる病気。肺炎・脳症を併発することもある。

 宮崎県は全国でも百日咳罹患患者数が多い県。

 4種混合4回接種終了(1歳半頃)後、百日咳の免疫力は徐々に低下し、5~6歳では30%以下になってしまうためこの時期の接種が大切! 。

 

 

☆ 就学前に忘れずに受けましょう!

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: ワクチン予防接種

トゥレット症候群

トゥレット症候群という病気を聞いたことがありますか?

NPO法人日本トゥレット協会のHPには、『チック(突然に出現し、素早く、繰り返される運動または 音声です。)で定義される症候群であり、神経発達症に含まれます。

多種類の運動チックと1種類以上の音声チックが1年以上にわたり続き、小児期に発症します。

チックは自然に増えたり減ったりするものですが、心理状態によって影響を受けることがあります。

しかし、チックは親の育て方や本人の心がけに問題があって起こるわけではありません。』と紹介されています。

 

トゥレット症候群の患者さんの頻度は小児全体の0.3〜1.0%で、男の子に多いです。

運動チックや音声チック、類似の症状で気になることがありましたら一度ご相談ください。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: トゥレット症候群症候群

「起立性調節障害」って?

2021年03月01日

「起立性調節障害」とは、立ちくらみや失神、朝起き不良、倦怠感、動悸、頭痛などの症状を伴い、思春期に好発する自律神経機能不全の一つで、英語でorthostatic dysregulationから“OD”(オーディー)といった方が分かりやすいかもしれません。

 

 中学生の約10%にODがあり、女の子の方が男の子よりも1.5〜2.0倍と多いです。

また、不登校の約3〜4割にODを併存しています。

 

 最近、新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛と運動不足によってODの症状が悪化している子どもが増えています。

適度な運動やできるだけ身体を動かすようにしましょう。

また、ODは不規則な生活や睡眠不足によって症状が悪化したり遷延したりしますので気をつけましょう。

症状が改善しない場合は、相談してください。

 

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 起立性調節障害

子どもの生活リズム

子どもたちのすこやかな成長には、「早寝・早起き・朝ごはん」をはじめとした規則正しい生活習慣が大切です。

近年、子どもたちの生活習慣の乱れが、学習意欲・体力・気力の低下の要因の一つとして指摘されています。

周囲の大人が子供の生活習慣や睡眠の重要性を理解し、子どもの生活リズムを見直してみましょう。

 

生体時計の1日は25時間なので放っておけば毎日の生活リズムは遅くなり、夜更かし朝寝坊になります。

生活のリズムを整えるのに大切なのは、朝日を浴びる事です。まずは、早寝ではなく早起きから始め、朝ごはんで燃料補給し、昼間は元気に活動させましょう。

疲れれば自然に早寝になります。

 

心と身体を育む基本は『早寝』『早起き』『朝ごはん』

 

◎ 早起き

1日の始まりにしっかりと朝日を浴びると、生体時計を24時間のリズムにリセットできます。

朝、カーテンを開けて光や風を入れましょう。

室内にいても昼と夜のメリハリをつける事が大切です。

 

◎ 朝ごはん

朝ごはんは、1日の元気の素で、午前中の大事なエネルギー源です。

しっかり噛んで食べる事で、脳から気持ちを安定させる物質が分泌され、心が落ち着きます。

日中の運動 太陽の光を浴びて、しっかり運動をすると体温も上がり、代謝も促進されます。

適度に疲れる事で、夜の寝つきが良くなります。

 

◎ 睡眠

夜に明るい光を浴びると、体が朝と勘違いして寝つきが悪くなります。

就寝1時間前にはテレビを消して照明を暗くし、深い睡眠を促しましょう。

 

 睡眠 ・ 覚醒リズムは、朝の自然光により前進し、夜の人工光により後退しますが、効果が出るまでにはある程度の時間を要します。

まずは1か月間、朝しっかり太陽の光を浴びましょう。

夜はテレビ、スマホ・タブレットなどを見せない光環境の調整を試みてはいかがでしょうか?

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 子どもの健康生活習慣

子どもの近視について考える

2021年02月01日

学校保健統計を見てみると、子どもの近視が増えていることがわかります。

更に、最近新型コロナウイルス流行の影響で室内で過ごすことが多くなり、視力が急激に落ちる子どもたちが増えています。

 

「目が悪くなってもメガネがあるから・・・」

確かに、メガネを購入した直後は「よく見えるようになった!」となりますが、それまでと同じ生活習慣を繰り返すと近視の度合いが更に進み、メガネを新調せざるを得なくなります。

重度の近視になると、大人になって他の目の病気を合併したり失明したりする可能性がでてきます。

 

子どもたちの近視は、皆さんが考えているより進行が早いことがあります。

「近視研究会」のHPに「学童の近視進行予防7項目」が掲載されています(http://myopia.jp/prevention/ )ので、是非御参照下さい。

 

親御さんたちには、子どもたちの視力の大切さを認識していただき、今から将来の視力を守るための生活習慣を子どもたちに伝えて欲しいです。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 子どもの健康近視

チャイルドシート

チャイルドシート

チャイルドシートは正しく使用していますか?

チャイルドシートさえきちんと使っていれば守れた命が、そうでないばかりに失われる命が後を絶ちません。

確かに、ぐずる子どもをチャイルドシートに座らせるのは一苦労。

けれど、何よりも大事なのは子どもの命。上手に使って、安全で快適な親子のドライブを楽しんでください。

 

取り付け時のポイント

エアバックのある席に取り付けると危険です!

エアバックは衝突時に時速数百㎞のスピードで展開するため、チャイルドシートに座った子どもに危険を及ぼすことがあります。

エアバックの衝撃で窒息、頸椎圧迫の要因になります。

 

 

乳児期チャイルドシート 

(0歳~1歳頃 体重10㎏未満)

・後部座席に進行方向に後ろ向きに設置します。

・赤ちゃんの背もたれ角度は45度に。

・赤ちゃんの肩ハーネスに隙間ができないようにしましょう。

・肩をぐるりと回り込むようにハーネスの高さを調節しましょう。

 

 

幼児期チャイルドシート

(1歳~4歳頃 体重10㎏以上18㎏以下)

・後部座席に前向きに設置します。

・大人の指が滑り込む程度が締め付けの目安です。

・ハーネスの位置は肩よりもやや高めの位置に調節しましょう。

 

 

学童期チャイルドシート

 (4歳~11歳頃 体重15㎏以上36㎏以下)

・チャイルドシートの背もたれから頭が出るようになったら使います。

腰ベルトが腹部を圧迫していないか、肩ベルトが子どもの首にかかっていないかチェックしましょう。

 

 

大人も子どもも車に乗ったらシートベルト」を当たり前の習慣にしてください。

自由に動けないということは子どもにとっては「嫌なこと」かもしれませんが、ここだけは子どもを事故から守るために決して譲らず、早いうちに「当然のこと」として習慣づけることが何より大切です。

大人も子どもも車に乗ったらシートベルト」を当たり前の習慣にしてください。

自由に動けないということは子どもにとっては「嫌なこと」かもしれませんが、ここだけは子どもを事故から守るために決して譲らず、早いうちに「当然のこと」として習慣づけることが何より大切です。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: チャイルドシート