eyecatch

ニックネーム募集中!

 

 さとう院長 の個人ブログページです。

 日頃から感じていることや医療に対する考えなどを、ゆったり綴って参ります。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 さとう小児科 院長  佐藤 潤一郎

Recent Posts

子どもとメディア

2021年01月12日

テレビ、ビデオ、ゲーム、パソコン、スマホ…いつの間にか私たちの生活にあふれている「電子映像メディア」。

情報化社会にとっては不可欠となっていますが、メディア漬けの実態が明らかになり、子どもの生活習慣が大きく様変わりしています。

『自分の手で何かをつかみ五感で感じて、身体を通して周りの世界や目の前の人に働きかけていく』という子ども本来のあり方が、メディアやネットの世界では大きな偏りをもって経験されます。

からだと心の発達段階にある子どもたちへの影響をきちんと考える時が来ています。

 

◎ 小児科医もメディア漬けに警鐘

幼児期は「小さな言語学者」と呼ばれるように、話し言葉の基礎が確立する大事な時期です。

また、睡眠、排泄、食事、着脱衣などの基本的な生活習慣が形成される時期でもあります。

小児科や小児保健の研究結果から、テレビ、ビデオの長時間視聴と言語発達の遅れや生活習慣の形成に 関連がある事が明らかになっています。

 

 

もしかしてメディア漬け?!

1つでも当てはまると要注意!!

□ 幼児期からテレビやビデオに子守をさせていた

□ 朝から晩まで殆どテレビをつけっぱなしの生活

□ 早期教育ビデオにはまっている

□ 両親ともそろってテレビ好き

 

【 子どものメディア接触時間の目安

年齢

メディア接触時間の目安

大人の役割

0歳児

メディア接触を避ける。

子どものいるところではスマホ・パソコンを

使わない。(~5歳)

1~2歳児

基本的にはメディア接触を避ける。

良質なものを選ぶ。スマホ・タブレットは、

(親族とのテレビ電話以外は)触らせない。

3歳~就学前

子どもだけでは見ない、触らせない。

話し合って内容を選び、ともに視聴する。

スマホ・タブレットは上に同じ。

小学校低学年(1~3年生)

話し合って内容を選び、1日1時間以内の接触にとどめる。スマホ・ゲームはネットにつながない。

児童期における仲間との遊びと学びを提供

する。

小学校高学年(4~6年生)

話し合って内容を選び、1日1時間以内の接触にとどめる。調べ学習以外、基本的にネットにつながない。

思春期前期の親離れの時こそ、ことばによる

話し合いや理解を深める機会を持つ。

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 子どもとメディア子どもの健康

あけましておめでとうございますですが・・・

2021年01月04日

昨年は、「コロナに始まりコロナで終わった」といっても過言でない1年でした。

新型コロナウイルス感染の流行が早く終息してくれることを祈っていますが、「有効なワクチン」と「有効な治療薬」が開発されない限り短期間での終息は難しいでしょう。

ワクチンの開発が進み、有効でかつ安全なワクチンが出来ることが待ち遠しいです。

 

年始から今までにない大きい第3波が発生しています。

その波は、首都圏や関西圏だけでなく、地方にも押し寄せています。

新型コロナウイルスへの武器を持ち合わせていない現状で、私達ができる感染対策は原始的なことしかありません。

流行地域での人の往来は極力避けるべきです。

しかし、個人の努力目標で出来ることには自ずと限界があります。

現在の緊急事態宣言も努力目標で、強制力はありません。

緊急事態宣言が発せられた後も感染者の増加に歯止めが効かない場合(そんな悠長なことを言っている場合でもないでしょうが)、強制力を持った政治的判断を持って制限すべきです。

その判断が早ければ早いほど事態が好転しやすいのは歴史が教えてくれています。

 

年始の政治的判断が、今年1年の日本の運命を握っているといっても過言ではないでしょう。

オリンピックを開催(個人的には難しいと考えていますが)するためにも、思い切った政治的判断を国・地方自治体にはお願いしたいと思い、年始の挨拶にかえさせていただきます。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 新型コロナウイルス院長の言葉

メディアから子ども守るために

2020年12月01日

コロナ休校中、約9割の子どもたちがゲーム・動画視聴・SNSといったスクリーンタイムが増えたと報告されています。

一方、最近、肥満や体調の不良を訴える子供たちの受診が増えている印象がありましたが、急速な視力低下や体重の異常な増加、心の変調など子供たちの異変が各地の学校から報告され始めています。

 

長年、私達小児科医は「過度なメディア接触による子どもの育ちの歪み」を訴えてきましたが、新型コロナ感染の影響で「子どもの育ちの歪み」は次のステージに進んでしまった印象を拭えません。

 

今、子どもたちには、「メディアから自分を守る術」を教えなくてはいけないと強く思います。

メディアから得られる情報を鵜呑みにするのではなく、その情報がどんな意図で作られ発信されているか自ら判断し正しく利用することや、メディア機器の長時間利用による健康被害を知ること、それらを周りの大人たちが伝えることが必要ではないでしょうか。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 子どもとメディア

当院におけるコロナ感染対策

当院では、来院される方が安心して受診できるために、以下のことに配慮して対応しております。

 

1.コロナ濃厚接触者との接触、家族(本人を含める)の県外移動や県外者との接触の有無を事前把握

(1)当院受診の予約は、ネット予約システムをご利用ください。

(2)予約時に、

(ⅰ)コロナに罹患した方と接触はないか

(ⅱ)2週間以内の県外移動はないか

(ⅲ)2週間以内に県外の方との接触はないか

の項目に必ずチェックをお願いします。

(3)コロナに罹患した方と接触があった場合は、一度保健所に問い合わせ下さい。

(4)2週間以内に県外移動や県外の方との接触があった場合は、受付②からお入り下さい。

 

2.病院での滞在時間を短縮

(1)予約時にしっかりとした問診の入力をお願いします。

入力がない場合は、当院から連絡をさせていただきます。

来院時に問診への記載がない場合は、いったん院外に出ていただき、車内で問診を入力していただく場合もございますので予め御了承下さい。

 

3.待合室での密を避ける

(1)診察に来られる場合は、予約時間の5分前に来院・受付をお願いします。

(2)待合室では、他の御家族と距離を保ってお座り下さい。

(3)会計終了後は、速やかに退出されることをお願い致します。

 

4.受診時の付き添いの制限

(1)来院される際は、受診されるお子さんと保護者1人での来院を極力お願いします。

 

 

・ 来院された方の手指のアルコール消毒のお願い

・ 2歳以上の方のマスク着用のお願い

・ 待合室の換気と施設内の消毒の徹底

・ 隔離部屋使用後の消毒の徹底

 

ご協力お願いします。

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: お知らせさとう院長ブログ

タグ: 感染対策新型コロナウイルス

新型コロナ感染拡大の中の子どもの「こころ」と「からだ」のケア

2020年11月01日

今年も残すところ2か月となりました。

今年は、何と言っても新型コロナウイルス感染症の世界的流行です。

その多大なる影響は、後世まで語り継がれることになるでしょう。

「3蜜」「ソーシャルディスタンス」「新しい生活様式」・・・いづれも今年の流行語大賞に選ばれてもおかしくない言葉ですが、感染のリスクを減らしまた感染させないような対応が今まで以上に強いられており、子どものたちにも可能な限り同様の対応が求められています。

欧米に比べ、日本で感染者・死亡者が少ないのは、上記のような徹底した感染対策が一因であることは間違いないのですが、最近、ストレスや不安により「こころ」や「からだ」の不調を訴える子どもが増えていると全国の小児科医は感じています。

 

勿論、ストレスや不安がなくなれば不調を訴えることもなくなっていくのでしょうが、残念ながら新型コロナウイルス感染の収束はまだまだ先です。新型コロナウイルス感染が遷延すれば「こころ」や「からだ」の不調を訴える子どもは更に増えてくると考えられています。

 

子どもの変調に気づいたら、お子さんの「こころ」と「からだ」のケアをお願いします。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: ロタウイルス院長の言葉

育児相談・健康相談を行なっています

2020年10月01日

 今年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、悶々とした日が続いています。

1日も早く収束することを心より祈っております。

 

 この状況下で出産・子育てを行うお母さん・お父さんは、不安の中で育児を行うのはとても大変ですよね。

特に、初めてのお子さんであれば尚更です。子どもたちも生活様式の変化に伴い、今までにない健康や心の問題を抱えています。

困ったことがあれば、抱え込まず誰かに相談してください。

また、お子さんに不安がある場合、暖かく受け止めてあげて下さい。

お子さんの心配事に耳を傾け、じっくりと聴いてあげて下さい。

そして、何が起きているのか、自分の身を守るには何ができるのかをお子さんの年齢に応じて話してあげて下さい。

そして、独りではないこと、お父さん・お母さんがいつもついていることを伝えて下さい。

 

 皆さんのお役に少しでもなれるよう、当院では乳幼児健診の更なる充実だけでなく、子育て支援・育児相談や学童期・思春期のお子さんの健康や心の問題にも取り組んで行きたいと思います。

健診以外の育児相談・健康相談も行なっております。

乳幼児だけではなく、就学前や学童期・思春期のお子さんのことで心配や悩み事がございましたらご相談ください。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 子育て支援育児相談