eyecatch

Recent Posts

12歳以上の新型コロナウイルスワクチン接種について

2021年09月01日

宮崎市でも12歳以上の方に新型コロナウイルスワクチンの接種券が郵送され、接種が開始されています。

12歳以上で認可されているのはファイザー社のワクチンで、「mRNAワクチン」といわれる新しいタイプのワクチンになります。

新しいワクチンなので、長期予後に関しては当然“不明”というのが正しい答えになります。

こういった背景の中、ネット上では根も葉もない情報が大量に流れ、世の人たちを不安に陥れています。

新型コロナウイルスワクチンは強制されるものではありません。

しかし、ワクチンで防ぐことのできる病気であり、ワクチン接種できる権利があるにもかかわらず、正確な情報が伝わらずワクチン接種を控えるのは非常に残念です。

 

お子さんのワクチン接種を考えている御両親は、間違った情報に踊らされることなく、正しい情報を入手し判断して欲しいと願います。

正しい判断が難しいと思われた場合は、かかりつけ医に相談されることをお勧めします。

お子さんがいつも通っている小児科の先生に相談し、接種すべきかを聞いて下さい。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: ワクチン新型コロナウイルス

あけましておめでとうございますですが・・・

2021年01月04日

昨年は、「コロナに始まりコロナで終わった」といっても過言でない1年でした。

新型コロナウイルス感染の流行が早く終息してくれることを祈っていますが、「有効なワクチン」と「有効な治療薬」が開発されない限り短期間での終息は難しいでしょう。

ワクチンの開発が進み、有効でかつ安全なワクチンが出来ることが待ち遠しいです。

 

年始から今までにない大きい第3波が発生しています。

その波は、首都圏や関西圏だけでなく、地方にも押し寄せています。

新型コロナウイルスへの武器を持ち合わせていない現状で、私達ができる感染対策は原始的なことしかありません。

流行地域での人の往来は極力避けるべきです。

しかし、個人の努力目標で出来ることには自ずと限界があります。

現在の緊急事態宣言も努力目標で、強制力はありません。

緊急事態宣言が発せられた後も感染者の増加に歯止めが効かない場合(そんな悠長なことを言っている場合でもないでしょうが)、強制力を持った政治的判断を持って制限すべきです。

その判断が早ければ早いほど事態が好転しやすいのは歴史が教えてくれています。

 

年始の政治的判断が、今年1年の日本の運命を握っているといっても過言ではないでしょう。

オリンピックを開催(個人的には難しいと考えていますが)するためにも、思い切った政治的判断を国・地方自治体にはお願いしたいと思い、年始の挨拶にかえさせていただきます。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 新型コロナウイルス院長の言葉

当院におけるコロナ感染対策

2020年12月01日

当院では、来院される方が安心して受診できるために、以下のことに配慮して対応しております。

 

1.コロナ濃厚接触者との接触、家族(本人を含める)の県外移動や県外者との接触の有無を事前把握

(1)当院受診の予約は、ネット予約システムをご利用ください。

(2)予約時に、

(ⅰ)コロナに罹患した方と接触はないか

(ⅱ)2週間以内の県外移動はないか

(ⅲ)2週間以内に県外の方との接触はないか

の項目に必ずチェックをお願いします。

(3)コロナに罹患した方と接触があった場合は、一度保健所に問い合わせ下さい。

(4)2週間以内に県外移動や県外の方との接触があった場合は、受付②からお入り下さい。

 

2.病院での滞在時間を短縮

(1)予約時にしっかりとした問診の入力をお願いします。

入力がない場合は、当院から連絡をさせていただきます。

来院時に問診への記載がない場合は、いったん院外に出ていただき、車内で問診を入力していただく場合もございますので予め御了承下さい。

 

3.待合室での密を避ける

(1)診察に来られる場合は、予約時間の5分前に来院・受付をお願いします。

(2)待合室では、他の御家族と距離を保ってお座り下さい。

(3)会計終了後は、速やかに退出されることをお願い致します。

 

4.受診時の付き添いの制限

(1)来院される際は、受診されるお子さんと保護者1人での来院を極力お願いします。

 

 

・ 来院された方の手指のアルコール消毒のお願い

・ 2歳以上の方のマスク着用のお願い

・ 待合室の換気と施設内の消毒の徹底

・ 隔離部屋使用後の消毒の徹底

 

ご協力お願いします。

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: お知らせさとう院長ブログ

タグ: 感染対策新型コロナウイルス

緊急事態宣言は解除されましたが…

2020年06月01日

5月25日に全国における緊急事態宣言が解除されました。

以前の日常が徐々に戻りつつあるのを肌で感じます。

しかし、現時点で以前と全く同じ生活は難しいと考えます。

現に、日本だけでなく世界各国でも制限を緩めたら、感染者の数は増えています。

新型コロナウイルス感染症は、未だに不明な部分が多い感染症です。

昨年末に武漢で発生し、瞬く間に世界中に拡がりました。

 

新型ウイルスへのワクチンと特効薬がない今、感染拡大防止には人の移動と接触を制限することでしか感染は防げません。

有効なワクチンと特効薬の開発なくして以前のような日常を取り戻すことは難しいと考えます。

 

6月に入り、ほとんどの全国の小中高の学校が再開されます。

いろいろ批判はありますが、政府が出した「新しい生活様式」を参考に学校生活を送って下さい。

友達と遊ぶ時は屋内ではなく屋外で遊びましょう。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 新型コロナウイルス院長の言葉

お願い(R2.5)

2020年05月01日

当院における新型コロナ対策を、ホームページの 新着情報「新型コロナウイルス感染対策とお願い」に 掲載しています。

受診の際は、ご確認の上ご協力をお願いいたします。

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: お知らせ

タグ: お知らせ, 感染対策, 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染対策とお願い

2020年04月20日

さとう小児科における新型コロナウイルス感染対策と皆様への御願い

 

予約に関して

 

① 診察は、予約制です。

予約なしで直接来院された場合は、ネットで予約して頂き予約時間がくるまで院外(車内など)で待機していただきます。

 

 

② 問診は予約時にネットにしっかり入力して下さい。

来院時に問診が未入力・不十分だった場合は、いったん院外に出て頂き(車で来院されている方は車内に戻っていただき)再度ネット予約にアクセスしていただき、しっかり入力していただいてからの受付・受診になります。

 

③“新型コロナウイルス濃厚接触者”は、「帰国者・接触者センター」に問い合わせてもらってからの受診になります。

 

④“家族や本人が2週間以内に海外・県外へ行っている場合”は、第2受付での受付をお願いします。

尚、予約の際に「どなたが、何処に、どの期間、行った」をその他の欄に入力していただくことをお願いします。

 

⑤“家族の中で最近2週間以内に発熱した方がいる”場合は、「どなたがいつから発熱があったか」を入力していただくことをお願いします。

 

院内での感染対策

 

①当院へ入られる方は、全員マスクの着用をお願いします。

乳幼児でマスクを嫌がる場合でも、極力マスク着用に御協力下さい。

どうしてもできない場合は、ハンカチやタオルで口を覆って下さると助かります。

 

②当院へ入られたら、全員手指のアルコール消毒をお願いします。

 

③ 飛沫感染防止のため、吸入・吸引、迅速検査(インフルエンザなど)は極力行いません。

 

 

現段階(令和2年4月16日現在)において、宮崎県での新型コロナ感染症罹患者は全例感染経路が判明しているので、上記のような対応をさせていただきます。

ただし、今後の流行の具合によっては対策の仕方が変わっていく可能性がありますのでその際は御了承下さい。

 

佐藤小児科 院長 佐藤潤一郎

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: お願い新型コロナウイルス

コメント:0