eyecatch

Recent Posts

小児の食中毒

2019年09月01日

まだまだ残暑厳しい日々が続きますが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?

高温多湿のこの時期に気をつけて欲しいのが食中毒です。

高温多湿は、ばい菌(細菌)が繁殖しやすい条件です。

知らないうちに不適切な食べ物をたべていることもあります。

 

食中毒予防の三原則は、

(1) つけない(しっかり洗う)

(2) 増やさない(低温で保存する)

(3) やっつける(加熱処理)です。

 

調理する時は、手洗いや消毒、加熱を忘れないでください。

前日のおかずをお弁当に入れる時は、しっかり加熱してください。

また、弁当箱におかずを入れる時は、必ず冷まして入れてください。

温かいままでは、ばい菌が増えますからね。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 食中毒

梅雨は食中毒に注意

2017年06月01日

宮崎もそろそろ梅雨入りの季節になりました。  

ジメジメとした日が続くこの季節は、菌の繁殖に適した高温・多湿となり、思わぬところに菌が付着・繁殖 するため食中毒への注意が必要です。  

この時期の食中毒の3大原因は、カンピロバクター、ブドウ球菌、ウェルシュ菌です。

食中毒の予防は、「つけない」「増やさない」「殺菌する」が原則になります。

普段から、食事の前の手洗いは入念に行いましょう。

調理器具は清潔に保ち、冷蔵庫で食品を保存する際は、菌を増殖させないよう適切に保管しましょう。

食品は加熱調理を心掛けて下さい。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 食中毒