eyecatch

かばくん通信(院内報)

【 かばくん通信について 】

 さとう小児科の院内報として作成している「かばくん通信」。
 平成18年5月に第一号を作成して以来、ご来院いただいた皆様に支えながら、毎月一回の発行を続けております。
 当院からのお知らせや感染症情報、気なる病気の詳しい情報や「こども医療」に係わる注目情報を、サクッと取りまとめてご案内しています。
 当院の受付にて配布(無料)していますので、ご来院の際はどうぞお手にとってごらん下さい。

 院内報「かばくん通信」および当ホームページのコンテンツは、さとう院長を編集長として、さとう小児科スタッフの全員で記事を作成してます。

Recent Posts

かばくん通信 院内報 No.156(H31.4)

2019年04月01日

kaba1904a

kaba1904b

 

「病院を新築移転します」「健康保険を使って医療機関を受診される時は…」ほか

Adobe_PDF_file kaba1904a

Adobe_PDF_file kaba1904b

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: かばくん通信e

タグ: 院内報

健康保険を使って医療機関を受診される時は… 

保険証を使って診療を希望する際は、

自分が加入している健康保険証を病院に掲示することで 保険診療が受けられます。

健康保険証は資格喪失日以降は無効となり、使用できません。

この場合健康保険証は事業主に返却のうえ、医療機関にその旨をお申し出ください。

 

健康保険証が変わったら
すみやかに保険証をご返却ください

 

退職後翌日 から…
被扶養者に該当 しなくなった場合…
健康保険は資格喪失となります

資格喪失後は 保険証・乳幼児受給者証は 使えません。
(全額自己負担になります。)

 

資格喪失後に保険証を使って受診等された場合は…

後日保険者が負担した医療費(7割~10割)を受診者の方に負担していただくことになります

このようなことを避ける為にも、保険証は速やかに返却しましょう。

 

◎ 保険証の返却先

社保 →お勤めの事業所
国保 →市役所の国民健康保険担当窓口
任意継続 →協会健保支部

◎ 次のような方も医療機関にお知らせください

就職・転勤・異動で勤務先が変わった方
保険証の記号・番号が変わった方
新保険証を受け取った方

 

※「全国健康保険協会」参照

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: かばくん通信e

タグ: 健康保険

かばくん通信 院内報 No.155(H31.3)

2019年03月01日

kaba1902a

kaba1902b

 

「HPVワクチン接種のお願い」「麻しん風しん混合予防接種のお知らせ」ほか

Adobe_PDF_file kaba1902a

Adobe_PDF_file kaba1902b

 

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: かばくん通信e

タグ: 院内報

麻しん風しん混合予防接種のお知らせ

平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれ小学校就学前の1年間)の子どもたちの麻しん風しん混合ワクチン接種が

平成31年4月1日から始まります。

 

[ 第1期 ]

生後12ヵ月~生後24ヵ月に至るまでの間にある者

[ 第2期 ]

5歳以上7歳未満の者で、小学校就学前の1年間 (次年度小学校に入学する者)

※ 第2期は小学校入学前の3月31日までに接種しましょう。

それを過ぎると公費負担を受けることが出来ず、費用は自己負担となります。

 

◎ なぜ2回接種が必要なのでしょうか?

麻しん風しんワクチンを2回接種することには以下の3つの意義があります。

(1) 1回の接種で免疫がつかなかった方たち(数パーセント存在)に免疫を与えるため

(2) 1回の接種で免疫がついたにもかかわらず、その後の時間の経過とともにその免疫が減衰した方に再び刺激を与え、免疫を頑固なものにするため

(3) 1回目に接種しそびれた方にもう一度接種のチャンスを与えるため

 

【 麻しん 】

麻しんは麻疹ウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。

感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染でその感染力は非常に強いと言われています。

高い熱、全身の発疹が特徴で、肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。

死亡する割合も、先進国であっても1000人に1人と言われています。

麻疹は非常に怖い病気です。

 

【 風しん 】

風しんは風しんウイルスが引き起こす感染症の1つです。

感染すると発熱、全身の発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。

妊娠初期の妊婦が感染すると出生児が心疾患、難聴、白内障など「先天性風しん症候群」を発症する可能性があります。

男女ともがワクチンを受けて風しんの流行を抑制し、女性は感染予防に必要な免疫を妊娠前に獲得しておくことが重要です。

 

<麻しん風しん混合ワクチン>

1歳の誕生日を  就学前にも

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: かばくん通信e

タグ: 予防接種, 風疹, 麻疹

かばくん通信 院内報 No.154(H31.2)

2019年02月01日

 kaba1902a

kaba1902b

 

「「成育基本法」成立」「冬のスキンケア」ほか

Adobe_PDF_file kaba1902a

Adobe_PDF_file kaba1902b

 

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: かばくん通信e

タグ: 院内報

冬のスキンケア

冬になり、空気が乾燥しています。

この時期は子どもの肌も乾燥肌に傾き、トラブルをおこしやすくなります。

そのため、乾燥から肌を守るスキンケアが大切になります。

スキンケアとは皮膚を清潔に保ち、皮膚の角質層に水分を保たせる保湿のことです。 ポイントをおさえたスキンケアを行い、子どもの肌をすこやかに保ってあげましょう。

 

◎ 子どもの皮膚の特徴
子どもの皮膚は、大人の皮膚と同じではありません。
乳児期は、生後2か月の頃までは、お母さんのおなかにいた時のホルモンの作用で皮脂の分泌量が活発ですが、生後2ヶ月を過ぎると、皮脂の分泌量が急激に低下して皮膚は乾燥しやすい状態になります。
幼児期も、大人の皮膚に比べて、皮膚はうすく角質層の水分を保つ力が低下しています。

また、皮脂の量も少なく、その肌は乾燥しやすい状態です。

乾燥肌や湿疹は経皮(抗原)感作といってアレルギ―の原因にもなりますので、毎日のスキンケアで、デリケートな肌を守ってあげましょう。

 

スキンケアのポイントは「清潔」と「保湿」

【 洗う 】
肌をすこやかに保つためには、まずは汗などの汚れをきちんと落とし、肌を清潔にすることが大切になります。
肌は洗いすぎず、こすらないで洗う事がポイントです。


(1) 体や顔を洗う時は手のひらで石けんをよく泡立て、手指を使って優しく洗いましょう。
(2) 体は優しくなでるようにして、首や体の部分はしわをのばして丁寧に洗いましょう。
(3) 熱いお湯に長く入ると皮脂をおとし過ぎてしまうので、少しぬるめのお湯に入りましょう。
(4) 体はこすらないようにタオルでそっと押さえるように水分を拭き取りましょう。

 

【 保湿 】
肌を清潔にした後は、できるだけ早く保湿剤を全身にぬってあげましょう。優しく語りかけ、スキンシップをはかりながら、肌の様子をよく観察しましょう。


(1) 入浴後5分以内、肌がほやほやのうちに全身に保湿剤をぬると効果的です。
(2) 保湿剤のぬり方のポイントは、清潔な手に保湿剤をとります。

保湿剤の使用量の目安は、人差し指でおよそ手の面積二枚分ぬれます。

塗る範囲に応じて数か所ちょんちょんと保湿剤をのせておきます。
(3) 手のひらで優しく、くびれやしわの部分も伸ばして塗りましょう。
(4) 保湿剤がよく塗れているかの目安は、肌にテイッシュをのせてはりつく程度がよいでしょう。

※ 保湿剤は当院でも処方できます。診察の際にご相談ください。

作成者:小児科スタッフ

カテゴリー: かばくん通信e

タグ: スキンケア