eyecatch

Recent Posts

沖縄県の麻疹流行

2018年05月01日

恐れていたことが現実に…

沖縄県の麻疹流行

台湾から沖縄に来ていた旅行客から広がった「輸入麻疹」。

報道や感染症週報によれば、今年の3月末から罹患者が出現し、全国に徐々に広がりつつあります。

(沖縄県では4月24日までに70名の患者が確認されています。さらに、沖縄県を旅行していた名古屋市の男性も麻疹を発症しています。)

 

ゴールデンウィークで人の移動が起きた後、どれだけの人が麻疹に罹患するか…今から考えるだけでゾッとします。

今回の沖縄県の麻疹罹患患者の年齢分布を見てみると、30代が1番多く、ついで20代→40代→10代の順となっており、子ども達よりも子育て世代の方の罹患者が多くなっています。

お父さん、お母さん達の中で麻疹ワクチンを1回しか接種していない方は、早急に2回目の麻疹ワクチンを接種して下さい。

また、保育園・幼稚園や学校の先生たちも同様、ワクチンの接種をしていない方は早目の接種を検討して下さい。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 麻疹

5月に発生した麻疹について

2017年08月01日

今年の5月18日、宮崎市で3年ぶりに麻疹患者が発生しました。

関係各位の努力によって、幸運にも2次感染者が発生せず、6月14日の終息宣言が発表されました。

 

 日本国内で麻疹が発生することは稀になってきました。

しかし、麻疹の大規模な2次感染がいつ起きてもおかしくない状況にあることは間違いなく、宮崎で麻疹患者が発生する度に集団感染が起きないかヒヤヒヤしています。

集団感染が起きて真っ先に危険にさらされるのはMRワクチンを接種していない乳児です。

 

 

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という諺がありますように、麻疹の本当の怖さが薄れていっているのを感じます。

いま一度再確認して下さい。

 

麻疹は怖い病気です。ワクチンがなかった時代、麻疹で亡くなる人は大勢いました。

麻疹はワクチンで予防できます。

自分のためにも周りの人のためにも、麻疹ワクチン(MRワクチン)を接種しましょう。

作成者:さとう院長

カテゴリー: さとう院長ブログ

タグ: 麻疹