eyecatch

十二支について

2017年01月01日

Share on Facebook

毎年お正月が近づくと、年賀状を書きますよね。

そこで登場するのが12年ごとに入れ替わる干支、すなわち十二支に認定された動物たちです。

順番にいうと子(ね)がネズミ、丑がウシ、寅がトラ、卯(う)がウサギ、辰がタツ、巳(み)がヘビ、午がウマ、未がヒツジ、申がサル、酉がニワトリ、戌がイヌ、亥(い)がイノシシとなっています。

 

今年は酉年ですね。

実はそれぞれの干支には「意味」があります。

意外と知られていない干支の意味。今回は干支について調べてみました。

 

子(ねずみ)

繁殖力がとても強いことから、『子孫繁栄』の意味があります。

丑(うし)

牛は古来より、人間と密接に関わってきた家畜で、努力や粘り強さの象徴とされています。

寅(とら)

寅の黄色い縞模様は、金運の象徴とされています。活力や行動力に満ちたさまを表します。

卯(うさぎ)

ツキ(月)を呼ぶとされており、前にしか進まずよく飛び跳ねることから縁起がいいとされています。

辰(龍)

権力の象徴とされており、立身出世の願いが込められています。

巳(へび)

ヘビは金運の象徴とされています。

午(うま)

馬は古来より縁起の良い動物と言われています。また、馬の字を反転させた左馬は福を呼ぶシンボルとされています。

未(ひつじ)

羊は群れをなすことから、家族安泰の意味があるとされています。

申(さる)

猿は「去る」に通じる事から、「魔を去る」と考えられ、神の使いとされ、「不幸が去る」、「困難が去る」という意味があります。

酉(とり)

人に時を知らせる動物。『とり』はとりこむと言われ、商売などには縁起が良い干支です。

戌(いぬ)

犬は家族を大切にし、子どもをたくさん産むことから、子孫繁栄や子宝を象徴する動物と考えられています。

亥(いのしし)

猪の肉は、万病を防ぐと言われ、無病息災の象徴とされています

 

【 十二支の順番について 】

大昔、神様が「1月1日元旦の朝に挨拶に来た12番目までを、毎年交代でリーダーにして仕事をしてもらう」と言いました。

動物たちは自分が一番になろうと前日の夜や当日の早朝にスタートし始めます。

牛は自分が一番になろうと前日の夜から歩き始め、牛が前日の夜から歩き始めるだろうと予想していたネズミは牛に乗って、牛と一緒に出発します。

前日から出発をしていた牛は他の動物より先に神様の前に現れたのですが、到着寸前にネズミが飛び出し一番に挨拶した事で十二支の始まりはネズミになったそうですよ。

作成者:小児科スタッフ

Tag:タグ:

コメント:コメントは受け付けていません。